その他の公務員になる方法

一般職の公務員の他に、特別職の公務員になるまでの道のりも、単純なものではありません。特別職の典型は議員です。国会議員、地方議員、それぞれが特別職国家公務員です。国会議員であれば首相や大臣になるチャンスがあります。地方議員については、議員のままですが、市区町村長は、選挙に出馬し選ばれる必要があります。

他には、副知事や、副市長など、選挙で選ばれた首長を補佐する立場の特別職地方公務員は、首長が議会に提案し、認められたらなることができます。専門分野に応じて複数選任される場合もあり、中央省庁の中堅職員や、政府系金融機関の職員などが、スカウトされて就くケースも珍しくありません。

その他に、無給なのに特別職公務員、という立場の人もいます。例えば保護司は、非常勤の国家公務員です。保護観察官の職務を補佐する公務員で、保護司選考会の意見を聞いて、法務大臣が、地域社会における篤志家に委嘱します。刑務所等から出所した犯罪歴のある人の保護観察を行う、重要な役割を担うのにも関わらず、給料は出ません。出るのは実費だけです。民生委員は、特別職の非常勤地方公務員とされています。民生委員も報酬はありませんが、活動に必要な実費は少ないながらも出ています。民生委員になるには、都道府県知事が、当該市町村長及び地方社会福祉審議会の意見を聴いて、民生委員として適当と認める者として厚生労働大臣に推薦する必要があります。