公務員になるまでに必要なこと

公務員になるまでにはどのようなことが必要でしょうか。実は「公務員になる」ことはそう単純なことではなく、なり方も様々です。公務員という職種は、実に種類が多く、幅広く、奥が深く、一般的な町役場の職員のイメージとはだいぶ違います。ではどんななり方があるのでしょうか?

大きく分けると、国家公務員と地方公務員があります。さらに一般職と特別職に分かれます。また、法律系、経済系、公安系、教育系、医療系、現業系、その他みなし公務員系という分け方もあります。中央省庁で働く一般職員は、採用試験に合格し、各省庁に採用されます。税務署で働く専門職として国税専門官採用試験に合格する必要があります。大臣・副大臣などは、選挙で選ばれた国会議員の中から選任されます(民間人から登用されることもあります)。裁判所事務官、国会職員、防衛省職員(自衛隊員を含む)は特別職国家公務員で、それぞれ採用試験に合格する必要があります。裁判官、検察官になるには、司法試験に合格し司法修習生としてトレーニングを受ける必要があります。独立行政法人という、みなし公務員と呼ばれる身分の人は、各法人の採用試験に合格する必要があります。

地方公務員には、一般行政職員と、教師、看護師、警察官、消防士など、身近な生活に関わる職種がたくさんあります。これらもそれぞれ採用試験に合格する必要があります。県知事や市町村長は、選挙で選任される特別職地方公務員です。政令指定都市の水道事業管理者やガス事業管理者、交通事業管理者といった地方公営企業の管理者も特別職地方公務員で、これは一般行政職の公務員が人事異動で就くことが一般的です。